読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

necessary

ハマったものについて書いたり書かなかったり。

回り回って自分のルーツへ

ゴールデンカムイにハマったのはいいけどヤンジャン買うかと言われると、うーん……他に読みたいものがあればいいんだけどゴールデンカムイ以外知らないし。続きめちゃくちゃ気になるけど、気になるけど! 単行本派ということか。電子版は発売遅いから紙で買うぞー。

北海道とか移民で微妙に思い出したのが自分の曽祖父母。実は曽祖父は北海道(のちに樺太)で暮らしていたらしく、曾祖母は北海道の人(旭川だったか)らしい。私の祖母やその兄弟は樺太生まれ。
祖母が赤ん坊の頃に引き揚げて曽祖父の故郷の福井に戻ってしまったので祖母は何にも覚えてないし知りませんが、私も一応北海道に縁があるんですね。
曾祖母は福井での暮らしが合わなかったのか、引き上げてすぐに病気で亡くなってしまい、その後大地震やら何やらでうちにはその人の写真もありません。
祖母が言うには「その当時にベンツを持っていたほど金持ちの家(親は店を幾つも経営していた)の娘」らしいですが、果たしてそんな金持ちの娘が福井から来た実家貧乏農家のよく分からん次男か三男か何男か分からないような男と恋して駆け落ち同然で結婚するものなの? もしかしたら意外にものすごいロマンスがあったのか?
樺太で暮らしていた記憶もあり、北海道の従兄弟とも唯一連絡をとっていたらしい祖母の一番上のお兄さんがこないだ亡くなったので、その辺りはもう知りようもないのが残念です。うちのおばあちゃん、親の話全然知らないし興味ないんだもんな。私はむちゃくちゃ興味あるけど。おばあちゃんのお兄さんはおばあちゃんにいつも「いっぺん北海道連れてってやるでな」と言いつつ、ついに連れて行ってくれないまま、亡くなってしまった。

樺太じゃ丸太小屋みたいな家に住んでいて、猛吹雪になると周りがさっぱり見えないから馬の尻尾に掴まって家まで帰ったらしい。聞いたことあるエピソードはそれくらいですかね。馬って鼻効くんですね。

ついでにググって知ったこと。北海道への移民は東北の人がとっても多いイメージだったけど結構北陸からの移民も多かった模様です。特に明治初期。福井含む北陸三県が移民出身地の上位を占めていた時期があったらしい。というか北海道に福井由来の福井って地名もあるんですね。知らなかった。そして幸福駅の福が福井由来とは知らんかった。

あと、大野藩と北海道・樺太の話を郷土の歴史かなにかでちょろっと見たような気がしたのでそれもネットで少し調べたらかなり興味深い話でした。学生の頃に調べておくべきだったね。図書館に行きづらい歳になってしまったのが悲しい。
もしゴールデンカムイにこの大野藩絡みの話が出たら神ですね。一生崇めます。ちなみに白石がイトウにパクつかれる話にちょろっと出てきた八百比丘尼は福井(若狭地方)の話です。